函南町 羽アリ発生からシロアリ被害ありで駆除した現場

今回は典型的なシロアリ発見~駆除までの現場を紹介したいと思います。

現場は函南町のM様

在来工法床下コンクリート

 

・羽アリ発生でお客様がビックリして当社に電話

お伺いしてみると、下記の写真の羽アリが出たとの事

DSCN0039

一目瞭然「ヤマトシロアリの羽アリ」です

このゴールデンウィーク前後にかかって来る電話の「羽アリが出た」は十中八九ヤマトシロアリの羽アリです

羽アリが発生していると言うことは、ヤマトシロアリの巣が大きい証拠

まずは羽アリが出てきた場所を特定します

探してみると・・・

ありました

DSCN0070

まず1箇所、中央ちょっと下の茶色い縦長の線がそうです

DSCN0069

もう1箇所、手すりの下のわかり難い所にありました

今回の現場の羽アリ発生の場所はかなり高い所

DSCN0071

ほぼ2階から出ていました・・・

 

床下への入口が無い家だったので後日大工さんに床下への入口を作ってもらい

駆除作業へ

 

・シロアリ被害確認後 駆除作業へ

大工さんに床下への入口を作っていただき、点検してみると

DSCN0072

やはりかなりのシロアリ被害

写真はヤマトシロアリの職蟻、動画撮っておけば良かったと思うくらいいました

DSCN0066

手でつかむと簡単にボロボロになってしまう位被害にあっていました

こんなになっているのに、床の上ではまったく気がつきません、ココがシロアリ被害の怖い所

まずは被害場所のヤマトシロアリを徹底的に駆除します

そして家の床下全体も薬剤を処理してシロアリ被害を予防

 

ここまでシロアリにやられてしまうと、修理しないと家の強度が心配ですので

函南町のお客様の知り合いの大工さんに修理して貰い、新しく入れた木材にも薬剤をかけ

無事に作業完了

 

今回のシロアリ被害の原因

・床下への点検口が無い為簡単にシロアリ調査出来なかった

・床下がベタコンだからといって油断

・何もしないまま新築から15年経過

 

やはり定期的なシロアリ点検をお奨めいたします。