この記事を書いた人
WRITER

(株)あおき消毒 代表取締役・(社)日本有害生物対策協会 理事
業界に入って32年の経験と最新知識を融合させた施工をいたします。
PCO技術者1級・しろあり防除施工士・毒劇取扱責任者・狩猟免許等、多数の資格保有。

青木 奈三をフォローする

ネズミによる建物被害

ネズミ

ネズミの歯は一生伸び続けるという生態にあります。その生え続ける歯を削るために、硬いものを含めた物質を噛む習性があります。それは、建物の建材やケーブル住宅内においては様々なものが被害に合います。ここでは、そのような習性も背景にあることを踏まえて、建物に直接的または付随的に発生する被害についてご説明したいと思います。

ネズミが好む環境

ネズミが好む場所の条件は、寒いところは苦手で暖かな場所を好むという習性もあることから、人の暮らしている屋内環境がぴったりであると言えるでしょう。そのため、住宅がひしめき合っている都市周辺では、山間部で住処を追われたネズミが移住して来るような背景も踏まえて、都市部を住処とするネズミの総数が増加傾向にあります。
ネズミが住宅や建物を住処とした場合、住んでいる人達への健康被害はもちろんであり、夜に天井裏や壁の内側を走り回っているのをまじかで感じていることから、精神的負担も非常に大きいと言えるでしょう。

ネズミによる建物被害

ネズミが発生することによる建物への被害も非常に大きいものです。

ネズミは、糞尿を撒き散らしながら移動する習性があります。目に見えるところであれば気が付いた時に掃除をするなどの対処をすることも容易ではありますが、壁の内側や天井裏などの目に見えないところで糞尿をまき散らされていると、その発生すら気づいていない可能性が大きいです。その糞尿が住宅内における悪臭や損傷を発生させる原因となるのです。


非常に厄介なのはネズミが持っているなんでもかじるという習性です。建物の建材もその例外ではありません。こちらも糞尿同様、目に見えるところで損傷が発生していると対処をしやすいですが、目に見えないところの損傷ではなかなか対処ができません。柱などの建物を健全に保つために構築されている主部材が損傷していると、極論ですが建物の崩壊へと至ります。
電気ケーブルなども損傷させられる危険性があります。コードなどの電気ケーブルは、本来であれば安全性を保つためにゴムなどで被覆されていますが。それがネズミによってかじられて損傷を受けると、中に入っているコードが剥き出しになり、さらにはコードも損傷を追います。

その結果、そこを発生原因として火災が発生し、建物が全焼してしまうという事態も十分想定されます。
また、建物がネズミによる被害を受けてしまうと被害は拡大する一方であり、それに比例するように建物の損傷劣化も大きくなります。例えば新築の家であったものがネズミの被害に逢うと、建物の資産価値は著しく損なわれてしまうのです。建物が被害を受けるということは、併発的に経済的な被害を被ることと同義であると言えます。
住宅内にネズミがいるとこによる被害は甚大であると言えるでしょう。建物内部に様々な被害を与えてしまいます。それらの被害を未然に防ぐためにも、ネズミに対する駆除や対策を確実に行うことが非常に重要となるのです。

コメント

今すぐ無料通話 ココをタップ
タイトルとURLをコピーしました