この記事を書いた人
WRITER

(株)あおき消毒 代表取締役・(社)日本有害生物対策協会 理事
業界に入って32年の経験と最新知識を融合させた施工をいたします。
PCO技術者1級・しろあり防除施工士・毒劇取扱責任者・狩猟免許等、多数の資格保有。

青木 奈三をフォローする

床下土壌バリア工法(シロアリ駆除・予防)コンクリートハツリ 施工事例

シロアリ

シロアリ防除、床下全体バリア工法の土壌バージョンを紹介したいと思います。

 

本日施工させて頂いたのは、三島市S様邸

昭和から平成の始め頃主流だった、在来工法で床下が土壌のお宅です。

5年ごとにシロアリ防除をされる、とても家を大切にしているお施主さんです。

 

床下入口は畳を持上げて入口作成

S床下入口

タイルの浴室なので床下での施工も注意が必要です

浴室下

タイル裏側まで薬剤が行渡るように、入念に薬剤を注入していきます。

今回は床下が土壌なので、束石周りに

束石

入念に帯状散布という方法で薬剤を散布。

基礎の立上り土壌との境も、入念に帯状薬剤散布。

土壌薬剤散布

木部はにも勿論薬剤散布いたします。

施工前

薬剤施工前

施工後

薬剤施工後

家を増築したとの事で、床下から増築部へアクセスできず、増築部は洋間の為

床下の基礎コンクリートをハツリして通路を確する事に

ハツリ前

基礎コンクリートハツリ前、換気口の部分を徐々にハツリながら広げていき、人が通れる様にいたします。

ハツリ後

基礎コンクリートハツリ後

こんな感じで通路を造ります。

 

シロアリ被害も無く無事に施工完了。

今回も私「しろあり防除施工士」が責任を持って作業させていただきました。

しろあり防除士

 

コメント

今すぐ無料通話 ココをタップ
タイトルとURLをコピーしました